<一般発表>


「筋エネルギーテクニックの理論」  野村明弘 (野村整骨院)

   ・オステオパシーの原則

   ・体性機能障害(ソマティック・ディスファンクション)SDの定義

   ・三つの治療方法

   ・METの定義

   ・METのメカニズム



<講義>


「加圧適応症の判定と理論」  久我徹 (クガ接骨院)

   ・判定についての留意点

   ・静脈瘤とは
     効果のある根拠として
     判定

   ・血栓の可能性

   ・血栓予防

   ・脳梗塞、心筋梗塞
     効果の根拠として
     判定

   ・認知症
     効果への根拠として
     判定

   ・大腿骨頭壊死症
     効果の根拠として
     判定

   ・腰痛
     考察
     留意点


「血栓とヒヤリハット」  五十嵐弘治 (コンディショニングシステムズ)

   ・血液組成

   ・静脈と動脈

   ・静脈瘤とは

   ・血栓に対する考え方

   ・血栓概観

   ・血栓の危険因子

   ・血栓性静脈炎

   ・危険な深部静脈血栓(DVT)

   ・ヒヤリハット例

   ・まとめ



<実技>


「大腿四頭筋を太くしない為のトレーニング方法」  鎌倉一 (ファーストステップ)

 多くの女性が困惑する筋力トレーニングによる筋肥大。
 しまった筋肉が欲しい、細くても筋力はつけたいという要望に答えるトレーニング方法を。
 四頭筋よりもハムストリングに刺激を与えるスクワットや体全体をうまく使うステップアップなど
 いくつかの方法を披露。

「即効性のある筋力発揮法」  井口哲也 (所沢スポーツケアセンター)

 誰でも同じ動きをすれば同じような筋力を発揮できるわけではなく、
 骨盤が前傾か後傾かによってそれぞれの筋力発揮をしやすいポジションを紹介。
 随意運動と自動運動を考えた上で、楽に動ける自動運動にどう導くかがポイントとなる。
 これによりパフォーマンスに対しての加圧トレーニングの効果を上げる。



<特別講演> 

「加圧トレーニングの一般性と特殊性を考える」  石井直方先生 (東京大学)

   ・加圧トレーニングの一般性
     低強度での筋肥大効果
     内分泌系の活性化
     筋肥大効果の転移現象

   ・加圧トレーニングの特殊性
     ACL再建手術後に対して
     高齢者によるGH分泌
     動作特異的トレーニングへの利用 


BACK